繁忙期と、インフルエンザ。

年が明けてから、仕事自体は立て込んではいたものの何とか自分のペースで進めることができていたのですが、1月半ばに会社のほぼメインで動いているファイルサーバのHDDで障害が発生。
RAID 5で構築されていたので業務に支障は出ていなかったものの、このままの運用は危険度が高すぎると判断しサポート修理を依頼しようとしたのですが前任がサポート延長をしておらず、しかもサーバ構築が途中のまま運用していたことが発覚、先延ばしにしていた新サーバへのリプレイスを余儀なくされることに。
1月に予定していたものでは無かったので、急激に忙しくなってしまい、ブログの更新も出来なくなってしまっていました。
SNSでつながっている方々には、タイムライン上で書き込みなども見えていたのでご存知の方もおられるかとは思いますが(笑)。
 
20150121-DSC02941
 

 
結果的にDELL製タワー型の古いファイルサーバはそのままで、新しいラックタイプのサーバにリプレイスしました。まぁ、元々動いていたOSも今年でサポートが終了するWindows Server 2003でしたし、リプレイスする予定はあったわけですから先に仕事が1つ片付いたと思えば気が楽なのですが。結果的に旧サーバはLEDがオレンジで点滅したままです(笑)。移行が終わればこのサーバは退役軍人になる見込みです。
 
20150121-DSC02943
 
新しいサーバといっても購入自体は昨年までに購入していたもので、開封時の確認後、そのままラックにも納められずに積まれていたものです。Windows Strage Server 2008 R2です。旧サーバがちゃんと構築できていなかった上に無駄にDNSサーバとしても稼働したりしていたので、新しいサーバはファイルサーバとしてゼロから構築し直し、データの移行だけをツールに頼ることにしました。
 
20150121-DSC02937
 
移行に使ったのは、Microsoftの公式ツールでもあるFSMT(File Server Migration Toolkit)です。昔のバージョンは対応していませんでしたが、最新のバージョン1.2ではWindows Strage Server 2008も一応サポート内に記載されています。ファイルサーバとしてのメイン機能とも言える、アクセス権限やフォルダ構成も移行してくれるので手間がかからなくてすみました。基本的な使い方はここを参照しながら検証して確認してから実行しました。
ただ、データコピー後の確認ダイアログで一旦処理が一時停止するのだけはやめてほしいところでしたが。気付かなかったらデータ移行が途中のままになるところでした。
データ自体のコピーはうまくやってくれましたが、ルート直下に個別追加したアクセス権限や継承をさせずに独自に追加した変則的なアクセス権限は綺麗に引き継いで移行してくれない箇所があったので、先に旧サーバからアクセス権限のリストを引っ張り出しておいて、移行後のアクセス権限のリストと比較されるのをお勧めします。
 
サーバのリプレイスで深夜帰りや徹夜が重なって、その後にかかったのは、なんと久しぶりのインフルエンザでした…。今はインフルエンザも落ち着き始めた(自宅待機は継続中)のですが、さすがにこの2コンボは少しこたえました。2日間も38.5度前後を彷徨ったので体力がなかなか戻らないですね。
サーバリプレイス時に、ラックの並びやLANケーブルを全て整理しながら再配置したりもしたので、体力を使って免疫力が低下してしまっていたのかもしれません。
 
とにかく年明けから色々続きました(笑)。
 

 
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です