子供を撮るという戦場で少しでも守る為の保護ケース。EASY COVERシリーズ。

もう購入から5年が経過しようとしている、Nikon D5000ですが、まだいざという時に役に立ってくれています。使う場面によっては、まだD5000の方がD5300よりも使いやすいと感じる時もあります。
D5000の方が気軽に使えるという場面は、やはり保育園のイベント時です。子供が多い = ぶつかる危険がMAXという過酷な状況でもD5000が活躍してくれます。
 
何故なら、以前にブロガーのZEAKさんからいただいたシリコンカバーが本体を守ってくれているからなんです。これ、かなり重宝しています。ZEAKさん、ありがとうございます。
 
Nikon D5300 EASY COVER
 

 
Nikon D5300はまだシリコンカバーを購入していなかったので、なかなかそういった場所へ持ち出すのが怖かったりしたので、シリコンカバーを購入しました。
「easy cover」というシリーズのカバーですね。D5000と同じシリーズのものは見つける事が出来ませんでした。何故同じシリーズが欲しかったかは、後述。
 
Nikon D5300 EASY COVER
 
Nikon D5300 EASY COVER
 
D5300に対応しているというシールが貼られています。元々、D5200と形状的にはほとんど変わらないので、こういった対応になっているのかも。
 
Nikon D5300 EASY COVER
 
内容物は、シリコンカバー本体、液晶保護フィルム、クリーニングクロスだけです。
 
Nikon D5300 EASY COVER
 
シリコンカバーはかなり薄めにできていて、細かくエンボス加工されてはいるものの、強度が若干心配なくらい、薄いです。
 
Nikon D5300 EASY COVER
 
Nikon D5300 EASY COVER
 
ボディに被せるには、シリコンカバーの底面部分から入れていきます。ここが気になった部分です。D5000で使っているカバーは底面部分も分厚いシリコンでフタをするようになっていますが、このカバーはほぼカバーしているところが皆無です。
 
Nikon D5300 EASY COVER
 
ではボディに被せていきます。
Nikon D5300 EASY COVER
 
ボディに被せる際には、必ずボディのマウント部分にキャップをしておきましょう。作業時に指などが振れてしまうと一大事です。
 
Nikon D5300 EASY COVER
 
被せてみました。シリコンカバーの固定はほぼ形状のおかげでずれたりしませんが、シューの部分で固定するようになっています。結果、カバーを外しておく必要がありますね。
 
Nikon D5300 EASY COVER
 
どの部分もうまく加工されているのと、シリコンの厚みがかなり薄く作られているので、ボタンが押しにくくなったりという事はあまり感じません。ダイヤルが若干回しにくくなったくらいでしょうか。
 
Nikon D5300 EASY COVER
 
Nikon D5300 EASY COVER
 
これがD500と同じシリーズが欲しかった理由です。底面をカバーしている部分はほとんどありません。シリコンの厚み分だけかろうじて設置面から浮いている程度です。三脚等を使う場合は便利なのかもしれないですが、保護が目的となればちょっと心配かも。
 
Nikon D5300 EASY COVER
 
いただき物のD5000のカバーはニコンロゴまで隠してしまっていますが、底も厚さ5mm程のシリコンでカバーされているので、大抵の場所に置いても安心感があります。
 
Nikon D5300 EASY COVER
 
ただでさえD5000の方が全体的にサイズが大きいことに加え、シリコンカバーの厚みの差でさらに大きさが違って見えますが、通常の趣味の撮影に出かける時と違って、子供のイベント撮影に出かける時は父兄の戦場でもあります(笑)。子供をファインダーで追いかけ続ける為にもこういった保護はしておくに越したことはないですね。
 



FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

子供を撮るという戦場で少しでも守る為の保護ケース。EASY COVERシリーズ。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です