出張中に便利な無線LAN親機 WMR-433で持込機器の全ての通信をまかなう。

いつもの出張なら元々通信設備がある場所での作業なので、持ち込んだPCやタブレットでの資料や検索結果を見ながら工事もできるのですが、今回はまだ何も無い場所での作業でした。ただ、光回線は来ているだけという状態。
作業場所近くに予約したホテルの部屋でも通信が出来ると思いますが、恐らくは部屋に有線LANのポートだけですし、PCを接続して周りのネットワークから見えるのも少し嫌ですね(もっともそんな事は無いと思いますが念の為)。
貯まったポイントの最後を使って、BUFFALOのコンパクト無線LAN親機 WMR-433を購入しました。
貯め込んでいたポイントはこれで打ち止めです(笑)。
 

ホテル用Wi-Fiルーター: WMR-433シリーズ
http://buffalo.jp/products/catalog/network/wmr-433/

 
BUFFALO WMR-433
 

 
届いてまずその小ささに驚きました。Webページで商品を確認している限りでは、昔使っていたdocomo BF-01B位の大きさを想像していたのですが、届いたのは約5cm四方という小ささ(公称値、45×45×15mm、19g)。
 
BUFFALO WMR-433
 
安いタイプのもので2.4GHz帯しか対応していないものもあったのですが、電波干渉するのが嫌だったので、5GHz帯も切り替えて使えるこちらをチョイスしました。
ちなみにルータ機能は搭載されていないので、プロバイダで採用されているようなPPPoE認証情報が必要な通信には対応していません。まぁ、認証無しで使えるホテル向きですね。
側面には給電用のmicroUSBポート、WPSボタンがあります。
 
BUFFALO WMR-433
 
ロゴ側の側面には有線LANポートです。10/100Mbpsの速度に対応しています。1Gbpsではありません。まぁ必要も感じませんが。
 
BUFFALO WMR-433
 
有線LANと反対側には各種通信状況を知らせるLEDと、周波数の切り替えスイッチがあります。対応している通信規格は、11ac、11n、11n、11a、11g、11bです。新旧ほとんどの機器でも繋げることが出来ると思います。
 
BUFFALO WMR-433
 
実際に利用する場合は下のような感じになります。充電池を内蔵しているわけではないので、使用する際は必ずmicroUSBからの給電が必要です。
 
BUFFALO WMR-433
 
小さいことは持ち運びにかなり便利なのですが、この接続した状態のL字型にケーブルが伸びた状態が少しデザイン的に気になりました。背面が曲面でできているので、デスクの上に置いてもコロンコロンと安定しませんでした。
まぁ、これをメインでどこでも使うわけではなく、ほとんどホテルの部屋に繋げっぱなしの状態だったのですぐに気にならなくなりましたが(笑)。
実際に岡山で出張している際に宿泊していたホテルで試してみました。試してみた結果は次回に。
 


にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です