HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス 制作 その4。完成編。

HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス 制作、完成編です。ようやく全体的な塗装をしたので、組み上げてみました。GW最終日にギリギリ形になりました。

20170506-DSC_0237

この組み上げる瞬間が一番気を使う場面でもあり、一番テンションが上がる場面でもあります(笑)。今回も組み上げる際にどこかの塗装が剥げました(笑)。ウェザリングで後日ごまかそうと思います。

20170506-DSC_0252

個人的には今回トライしてみた、細かいディティールアップの作業が運よく功を奏したように感じます。

20170506-DSC_0223

20170506-DSC_0222

20170506-DSC_0220

適当に撮影~RAW現像してしまったので、色温度がバラバラですね。見にくくてすみません。

20170506-DSC_0227

ジャーマングレーからの立ち上げ塗装なので、モールド部分には若干グレーが残ったままになっていますし、スミ入れの必要が無い箇所も多いのですがちゃんとブラックを流し込んだことで立体感が強くなりました。
マスク部分のガンダム顔の象徴とも言える2本のダクトもスミ入れでハッキリしました。

20170506-DSC_0230

20170506-DSC_0231

20170506-DSC_0232

下腕の合わせ目もパーツ分割と塗装でうまく隠れてくれました。分割時に削り落としたディティールはプラ板と市販パーツで作り直しています。
この作成手順については、以前の記事でアップしていました。

20170506-DSC_0233

全体的に「兵器」って塗装には手間をかけないイメージが個人的な先入観としてあって、単に白い配色であっても車の塗装のように手間をかけて塗装はしないと思うので、この「下地のグレーが残っている」塗装でよかったかなと思います。
胸のハッチらしきディテールはちょっとくどすぎたかなと反省していますが、どうでしょうか。

20170506-DSC_0253

元々、キット自体は2体購入していたので、1体はキットそのままの素組みで作成していました。2体を並べてみるとその違いがわかると思います。

20170506-DSC_0243

グレー系の塗装をしているからか、全体的に締まった印象があって、作例の方が小さく感じます。

20170506-DSC_0245

20170506-DSC_0244

ちょっとこれで満足しかけていたのですが、たまたま購入していたのを思い出したので、ハイキューパーツ製の水転写デカールを何か所かに貼ってみました。

20170507-DSC_0304

元々の公式設定には無いことをしようとすると、作成者側のセンスが100%反映されてしまうので、貼る際にはプレッシャーを感じてしまいますね。

20170507-DSC_0310

20170507-DSC_0306

20170507-DSC_0307

以前に作成したガンダムバルバトスと並べてみました。あまり考えずに作っていたのですが、結果的に同じ方向性の塗装をしていたようですね。
初代バルバトスの方にもデカール貼ってみようと思いました。

20170507-DSC_0311

20170507-DSC_0317

今並べてみると、以前に作成したガンダムバルバトスはやはりまだ持っている技術が自分のイメージに追いついていないように感じますね。ブレードアンテナのシャープ化が不十分だったり、エンブレムのピンク系塗装も色調を考えずに行っていたことがわかります。ただ、基本塗装部分は同じものを使っているので、並べてみても違和感ないですが。

20170506-DSC_0236

爪も作り直したり、各エッジ部分を削りなおしたりしているので、「バルバトス」の名前の通りに少し悪魔的な印象に変わってくれたかなと個人的には思っています。
今回も個人的には満足できる結果に、世間一般的には独りよがりな結果になりました(笑)。次はまた違う技術を追加して作ってみようと思います。

HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス 制作 その1。

HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス 制作 その2。

HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス 制作 その3。

にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です