HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス 制作 その2。

HG 1/144 ガンダムバルバトスルプスの制作の記事2つ目です。その1はこちらです。毎回ガンプラを1体作る度に新しい何かを試す or 習得することを自分に課しているわけですが、今回はプラ板以外にも、ジムで少しだけ試したスジ彫りを本格的に練習開始しました。

20170304-DSC_0054

ガンプラに復帰してから一体一体を丁寧に作ることを心がけていますが、今回バルバトスルプスについては確実に練習台になってしまっていますね(笑)。失敗してはリペアして…の繰り返しです。その2では細かい作業になります。
今回はBMC タガネだけではなく、ラインチゼルやケガキ針、画像には写っていないですがスジ彫り専用のガイドテープを導入しました。
BMC ダンモは今回腰部スタビライザーの合わせ目を段落ちモールド化するのに使用しただけです。

20170304-DSC_0050

最初はシャープペンシルで自分のイメージしているラインを書き込んでいきます。今回は少しUC世紀時代のテイストを感じるようなラインを考えていました。ただ、このアタリを付けて書き込むだけでもセンスが少し必要なのを感じました。ラインが破綻していたり、現実には考えにくいラインだとやはり違和感が残ってしまうようです。何度か書き直しているうちにプラ板で先にディティールを追加してしまったので、少しやりにくかったのですが(笑)。次回は順序を逆にしようと思います。

DSC_1114

基本工程は、ライン一本ごとにガイドテープを貼り、ケガキ針で2~3度なぞった後、BMC タガネの0.15mmで最初は優しくなぞるように彫っていきます。別の直線との交点は決して無理をせず、反対方向からも彫ったりして繋げていきます。焦って一度にラインを彫ろうとすると、直線にはならずに交点が丸くなってしまうので、何だかハッキリしないラインになってしまいます。
下は素組みのものと並べて比較してみたものです。パネルラインが追加されたことでリアル感というか密度が高くなった感じがします。

20170211-DSC04093

HG 1/144 ガンダムバルバトスルプスはさすがに最新キットというだけあって、パーツ構成は非常に良く考えられていて合わせ目が目立つのは下腕のみです。ここについては、初代バルバトスでも使える手法で合わせ目を目立たなくしました。片方のパーツをBMC タガネで丁寧に彫って切り取り、もう片方に接着してしまいます。直線であれば、精密ノコギリでも良いと思うのですが、このパーツ部分は曲線だらけだったのでBMC タガネで丁寧にスジ彫りをする要領でカットしました。

DSC_0966

その後は接着が取れてしまわないように丁寧に合わせ目を処理していきます。今回は、合わせ目の処理時に邪魔だったので3か所あった凸モールドはヤスリで削り取ってしまいました。削り取った後、綺麗に合わせ目処理をしてプラ板と市販パーツで作り直しています。

DSC_0964

実際に後ハメ加工は今回は下腕以外は行っていません。それほどキット自体の構造が良く考えられているからだと思います。新しいキットに取り組めばその分手間を省けるのだと思いますが、私の段取りが下手なのでいつまで経っても上達しませんね(笑)。
完成すればほとんど目につかない場所でもスジ彫りの練習をしていました。バックパック裏面です。ところどころに黒い跡がありますが、スジ彫りの失敗箇所で、黒い瞬間接着剤と硬化スプレーで固めて埋めてリペアしています。ここ以外でも結構な箇所でリペア箇所がありますが、このリペアもプラモデルを作るうえでの醍醐味の1つだと思っています。思い入れも強くなりますし。

20170222-DSC_0989

先に組み立てておいたガンダムフレームに仮組みで取り付けてバランスを見ながら、1200番のサーフェイサーを軽く吹いて傷を確認して表面処理をしていきました。

20170223-DSC_0003

20170223-DSC_0003

ガンダムフレーム自体は先にグレーとシルバーを吹いていたので、装甲部分だけサーフェイサーを吹いています。実はここの時点で傷が浮き出てきたり、リペアし切れていない箇所が見つかったりしているので、何度か吹き付けています。

20170226-DSC_0008

まだ処理が残っている部分、組んでみてやはり気になったのでまだ作業したくなった部分もありますが、徐々に塗装してみようと思います。

にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス 制作 その2。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です