GALAXY アンバサダープログラム、GALAXY S5、その1。

先日、SAMSUNGGALAXY アンバサダープログラムに登録していたのですが、そこでのモニター企画でGALAXY S5をお借りする事ができました。ありがとうございます。私が今もメインで使っているスマートフォンはGALAXY S III α SC-03Eですので、これと比較しながら使わせていただこうかなと思っています。
 
docomo GALAXY S5 SC-04F
 

 
まずは外観ですね。実はまだ初代GALAXY Sも持っているのですが、そのころから比べると格段に質感が良くなりました。ボタンは大きくなり続けている画面サイズの影響で、どうしても比例して大きくなってしまう本体サイズを抑える為に横長のボタンになってきました。指紋認証等は非搭載です。
 
docomo GALAXY S5 SC-04F
 
充電端子は3や4と同じ用に下部にあります。今回のGALAXY S5は防水・防塵に対応しているので、端子部分にキャップが付いています。
 
docomo GALAXY S5 SC-04F
 
端子は今回からmicroUSB 3.0に変更されました。接触端子が2ヵ所ある特殊な端子ですが、充電とUSB2.0のデータ通信であれば、通常のmicroUSBケーブルで問題なく可能です。
 
docomo GALAXY S5 SC-04F
 
右側面には、電源ボタンとクレードル充電用の接触端子があります。今回はクレードルをお借りする事は出来ませんでしたが…。
 
docomo GALAXY S5 SC-04F
 
上部には、3.5mmイヤフォンジャックと赤外線端子があります。今回からは赤外線端子も搭載されているんですね。
 
docomo GALAXY S5 SC-04F
 
左側面はボリュームボタンになっています。
 
docomo GALAXY S5 SC-04F
 
特徴ある背面は、レザーっぽい質感に仕上がっています。これは保護ケースで隠したくない感じですね。
 
docomo GALAXY S5 SC-04F
 
凹凸があって持ちやすい質感です。
 
docomo GALAXY S5 SC-04F
 
カメラ部分のアップです。レンズの下には心拍計センサーが搭載されています。最近は腕時計タイプのものも発売されたりして、健康系の管理をデジタルで行うのが多くなってきています。流行には敏感なメーカーなので、搭載は必然かと(笑)。
 
docomo GALAXY S5 SC-04F
 
背面カバーを外してみました。外し方は、側面のスリット部分から徐々に外していきます。
 
docomo GALAXY S5 SC-04F
 
搭載されている電池の容量は2800mAhとなっています。昔に比べるとかなり大容量になりました。しかし端末が消費する電力もスペック向上と共に上がってしまっているので、底まで劇的な使用時間の延長というまではいかないですが。
 
docomo GALAXY S5 SC-04F
 
SIMカードスロットとmicroSDカードスロットは同じ位置にあって、少しわかりにくいかもしれません。重ねてスロットに入れる事になります。
 
docomo GALAXY S5 SC-04F
 
全体的に質感と形状が洗練された印象を受けます。ちょっと前までは、類似商品として訴訟問題にもなっていた事もありましたが、個人的には今となってはどの商品もあのメーカーのデザイン性を追従している気がするので、気にならなくなりましたね。
また、質感や素材などの違いから、もう違う製品であるという印象しか受けなくなりました。
 
docomo GALAXY S5 SC-04F
 
手に取った感じも実にしっくりくる感じで、指を置いた側面にボタンが自然に来る場所にあるので、操作はしやすいですね。GALAXY S III α SC-03EからSIMカードを入れ替えて、お借りしている間だけでもメインで使ってみようと思います。
 

 


FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です