GALAXY アンバサダープログラム、GALAXY Note Edge、その3。形に不釣り合いな位に良く写るカメラでした。

GALAXY アンバサダープログラムに参加させていただいてお借りしたGALAXY Note Edgeのカメラ機能は驚く程キレイでした。
通常、スマートフォンのカメラはいくら高解像度になったとはいえ、あの小さな筐体の中に入っているセンサーなので写りはそれなり…という事が多いです。
 

docomo GALAXY Note Edge SC-01G | 製品 | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/sc01g/

 
docomo GALAXY Note Edge SC-01G
 

 
ですが、このGALAXY Note Edgeはインカメラすらも高画質化を図るなど、カメラ機能を従来モデルより大幅にアップさせているみたいですね。
 
docomo GALAXY Note Edge SC-01G
 
何と、インカメラですら解像度2,560×1,440という大きさ、370万画素です。2年前程のスマートフォンのカメラと同じ位の性能ですね。
実際にインカメラに切り替えてみても、液晶に写っている画面はかなり鮮明です(お目汚しですみません)。
 
docomo GALAXY Note Edge SC-01G
 
カメラモードにした場合、シャッターアイコンや各種設定アイコンはエッジスクリーン部分に表示されます。メイン液晶部分はレンズに写った画像がフルで写ります。フォーカスした場所をそのままホールドすると、露出をその場所に合わせてくれるようですね。
 
docomo GALAXY Note Edge SC-01G
 
シャッターアイコンの位置が微妙なので、操作は若干コツが必要ですが、画面を隠すことなくシャッターが切れるのは便利かも。タップした場所にフォーカスを合わしてくれる速度は初代Noteの約2倍くらいの体感速度です。非常に速かったですね。
で、先日行った京都駅のイルミネーションでGALAXY Note Edgeでも撮影してみました。「夜景」の撮影については、通常のデジカメでも撮影が難しいです。
 
20141122_190025
 
かなり綺麗に撮れますね。確かHDRモードはONにしていたと思います。ちなみにSONY DSC-RX100で撮影してみた記事はこちらです。
少しLEDの色が変わった時を狙ってもう一枚撮影してみました。
 
20141122_190329
 
他の色に引っ張られることも無く、綺麗なイルミネーションが撮れました。少しガラスの映り込みが入ってしまっていますが、京都タワーも撮影してみました。
 
20141122_193259
 
スマートフォンでこれだけのクオリティなら申し分ないというところではないでしょうか。有効画素数は1600万画素とミラーレス顔負けの画素数ですし、暗所での撮影画像の処理も上手いと思います。
 
モニターとしてお借りしている期間はわずかな時間でしたが、スマートフォンの可能性は曲面ディスプレイの実用化によってまだまだ変わっていく余地はあるのかなという印象でした。GALAXY Note Edgeは先行してくれたのかな、と。
あの形状とポイントになっている液晶画面から「イロモノ」扱いされがちですが、スマートフォンとしての基本機能の充実と、Noteシリーズとしての付加機能の充実ぶりと、全体的な機能評価は高い機種だと思います。
エッジスクリーンが単なる「通知領域エリア」になってしまわないように、アプリがどんどん増えていくと、GALAXY Note Edgeでしかできない便利な使い方も出てくると思いました。
例えばお遊び的な使い方ですが、エッジスクリーンを音楽ミキサーのスライダーとして使えたり、再生している音源でスクラッチできるようにしたりとか。今の使い方だけではもったいないです。
 

 
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です