1989。

ひと月ほど前に久しぶりに映画を観てきました。さすがに新型コロナウイルスのこともあって、手指消毒用のスプレーにマスク2重、さらに時間帯は最終の空いた時間と、対策は万全で臨みましたが(笑)。

DSC_1263

観てきたのは、最近多くなっているリバイバル上映の中でも「機動警察パトレイバー the Movie」です。人生2度目となる4DXです(笑)。「機動警察パトレイバー」は今年2020年で30周年を超えたんですね。

この「機動警察パトレイバー the Movie」が公開されたのは、1989年。なんと31年も前で私がまだ小学生の頃です。この当時はまだ少年漫画とロボットアニメが全盛期の頃で、ロボットアニメと言えば、ロボット同士が戦うのが主流だったのに対し、パトレイバーは「レイバー」というロボットが社会に溶け込んだ世界での人間模様が主軸で描かれていて、非常に現実感のあるストーリーが私の心に残っていました。今でも大好きなアニメの1つです。
当時はまだ子どもだったので人間模様よりもロボット同士の戦いの方が心躍る時代でもあったのですが、何故かリアリティのあるキャラクターたちに心躍っていたというのが自分でも新鮮でした。
この「the Movie」のVHS版を当時頑張って貯めたお小遣いで購入して(当時アニメのビデオは1本1万円くらいして非常に高かったのです)、本当に擦り切れそうになるほど繰り返して観てました。エンディングテーマは当時小学生でもあったので、リコーダーで吹いてコピーしてました(笑)。

どのキャラクターも非常に人間味あふれていて、普通のアニメなら主人公・ヒロイン・ライバルや、登場する「レイバー」に人気が集まりそうなものの、パトレイバーではそんな明確な立ち位置のキャラクターはおらず、言い換えると全員が主人公とも言えるほどの濃いキャラ性を持っていて、どの人物もどこか憎めない、本当に現実にいそうなキャラクターでした。個人的には遊馬が好きでした(笑)。

Screenshot_20200730-084245

そんなセリフも覚えてしまって見飽きてしまうほど繰り返し観ていた「機動警察パトレイバー the Movie」ですが、期間限定で4DXで上映されるのがわかったのが今年の春、新型コロナウイルス感染症がまるでHOSのように猛威を振るった影響で延期されて7/17~7/31までの限定公開となっていたので、ギリギリですが駆け込みで観てきました。

前回初めて4DXを観たのが「シン・ゴジラ」だったのですが、アニメと4DXの各種効果をどう組み合わせるのかも興味がありました。しかもシーンをほぼ全て覚えている映画なので、「ここにあの効果が入るだろうな」とか考えながら観るのも楽しかったですね。
個人的にはもっとグリグリ動いてもらっても良かったのですが、さすがにそれ(4DX)を見越したカメラワークでもありませんし、実は4DXの効果よりも当時のように作品を大画面のスクリーンで観たいという気持ちのほうが大きかったりしました。

さすがに1989年の映画で、その頃はまだ21世紀は夢の世界の範疇を出ていませんでしたし、パトレイバーはそれを想像した近未来の話なのですが、シーンの至るところで当時のことを知ることが出来ますね。至るシーンで出てくるテレビやPCモニターがブラウン管だったり、方舟やバビロンプロジェクトのCMのCGがワイヤーフレームだけだったり、松井刑事の飲む缶ジュースがプルタブ式だったり。
もし平成生まれの方が観に来ていたら「?」となったのかもしれませんね。私が観に行った時は、ほぼ同年代の方だけでしたが(笑)。

Screenshot_20200730-084344

ただ、サーバ室は当時も今もあまり変わりがないように感じました(笑)。

Screenshot_20200730-084634

ちょっと残念だったのは、音声が当時の劇場公開版ではなく、後日に再録音された「サウンドリニューアル版」であったことくらいです。個人的には当時のVHS版に収録されていた劇場公開版の音声の方が好みだったりします。このバージョンの音声は今やDVD版でしか聴けないようなので、久しぶりに買ってみようかなと思ったりしています。

また、もう一つ残念だったのは、ブルーレイ版でもなく、DVD版の画質だったこと。大画面で見ると輪郭がぼやけている箇所がいくつかあって、大画面であるが故の「大味」になってしまった感じでした。

Screenshot_20200730-084740

それでもパトレイバーの魅力は損なわれることがなくて、4DXならではの臨場感ある効果のおかげでまるで特車二課と一緒に台風の中出動しているように濡れたり(笑)、実際にレイバーに搭乗しているような揺れ、遊馬と一緒にゼロハン乗ってるエンジンの感じ(笑)、30年経っても色褪せない作品は非常に楽しめました。上映期間は短かったのですが、またどこかのタイミングで上映してほしいですね。「2」も「3」も当時の状況から考えると、時代を先取りしていた内容で、今はリアリティというか現実味を帯びている内容なので、こちらも今にマッチすると思います。パトレイバー再燃希望です(笑)。

rentry

にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です