軟体バッグに1本の芯を通す、「バッグの骨」を購入。

先日購入したCOACHのトートバッグに必要かと思って、「カバンの骨」というものを購入してみました。元々、ちょっと前から話題になったりしていて気にはなっていたのですが、その時はリュックタイプでしたし、必要ありませんでした。
 
カバンの骨 BAG BONE
 

 
自分の物を楽天で直接購入するのは久しぶりです(笑)。フレームが入っていないカバンに自立できるぐらいの「骨」を追加できる製品です。
 
カバンの骨 BAG BONE
 
中には説明書代わりの裏紙と補正バンドが2本、連結用のバンドが2本入っていました。購入した色は、カーキです。他にもブラックや、柄が入ったものもあるみたいです。
 
カバンの骨 BAG BONE
 
組み立ては、お互いを連結していくだけです。連結すると1つのリング状になりました。オレンジの連結部分を曲げてカバンの形状にある程度合わせることができます。
 
カバンの骨 BAG BONE
 
こんな感じでカバンの一番下に入れました。固定はできません。
 
カバンの骨 BAG BONE
 
カバンの骨を入れる前のCOACHのバッグです。底板もありませんので、重力に負けて形が崩れています。
 
カバンの骨 BAG BONE
 
こちらが「カバンの骨」を入れた状態です。何もしなくても置いただけで自立するようになり、心なしかカバンの形がある程度固定されたようになりました。
 
カバンの骨 BAG BONE
 
側面から見た状態です。入れていない状態と入れた状態では下部の状態が全然違いますね。
 
カバンの骨 BAG BONE
 
内部の下の方で「突っ張る」ように「カバンの骨」が広がるので、安定するようです。
 
カバンの骨 BAG BONE
 
「骨」の内側にはバンドが1つあり、スマートフォン等の小物の固定にも使えるようです。ですが、こんなに奥底に入れてしまうと、逆に取り出しづらい(笑)。
 
カバンの骨 BAG BONE
 
「適合しやすいバッグ」というのが記載があるので、購入前に確認しておいた方が良さそうです。
 
カバンの骨 BAG BONE
 
この「カバンの骨」でバッグを安定させて、以前から愛用している「GRID-IT」で中を整理して、通勤環境が整いました(笑)。
 
カバンの骨 BAG BONE
 
今回使った「カバンの骨」は、先日購入したCOACHのトートバッグのように、底面にマチがあってある程度安定するバッグよりも、布生地のトートバッグや、既に使い込んで柔らかくなった革のバッグ等に効果を発揮してくれそうな感じです。
家にあるカバンで色々試してみようと思います。思わぬカバンが再利用になってくれるかもしれません。
 



FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です