足腰を酷使する仕事を心配して。京都・護王神社へ立ち寄ってきました。

土曜日の休日出勤の前に、少し地下鉄の駅を1つだけ戻って、京都御所の西にある護王神社へ立ち寄ってきました。
 

京都御所西 護王神社 | 足腰の守護神 | Goou Jinja Shinto Shrine
http://www.gooujinja.or.jp/

 
DSC_0440
 

 
目的は、長い育児休暇が終わり、週明けから仕事に復帰する妻の為のお守りを購入する為です。妻は子供を産んでから足腰が弱くなったのか、腰痛に悩まされていました。最近は接骨院などに通ってまだ良くなっているようですが、それでも育児のお供として腰痛は切っても切れない間柄のようです。
地下鉄の丸太町駅を出て、烏丸通を北に歩いていきます。
 
20150411-DSC_0433
 
20150411-DSC_0434
 
途中、菅原道真を祀った神社『菅原院天満宮神社』や平安女学院大学を越えて、しばらく歩くと護王神社に着きました。
 
20150411-DSC_0436
 
20150411-DSC_0437
 
20150411-DSC_0439
 
20150411-DSC_0462
 
20150411-DSC_0442
 
護王神社は、「足腰の神様」として有名で、祀られている和気清麻呂公命(わけのきよまろこうのみこと)が、流罪の際に立つことも出来なかったが猪のおかけで命を救われ、立てるようになったという伝説(詳細は違うかもしれませんが…)から、猪が境内の中に祀られ、足腰の神様となっています。
この 和気清麻呂公命は平安京遷都にも関わった人物です。
 
20150411-DSC_0449
 
この護王神社では、狛犬ではなく、『狛猪』です。
 
20150411-DSC_0443
 
至る所に猪が祀られています。「いのししコレクション」とかもありました。全国の猪グッズを集めておられるようです。
 
20150411-DSC_0445
 
境内を一通り参拝して、境内を一周してみました。
 
20150411-DSC_0448
 
境内改修時には、伊勢神宮で使われていた木材を再利用されたそうです。
 
20150411-DSC_0447
 
20150411-DSC_0446
 
境内には、国歌の君が代の歌詞にも出てくる「さざれ石」がありました。「日本一のさざれ石」とありましたが、特に大きさが日本一という訳でもなさそうで、さざれ石というのは全国各地にあります。
 
20150411-DSC_0454
 
20150411-DSC_0455
 
元々の目的は、妻の仕事復帰に関して健康と腰痛の改善を祈願しに来たので、しっかりとお賽銭を入れ参拝後、お守りを購入しました。一緒に祀られている和気広虫姫命は子育て・子供の成長の神様としても有名なので、一緒に参拝しました。
 
20150411-DSC03016
 
20150411-DSC03017
 
ちゃっかりデスクワークがメインの私の分も購入です。「足腰の御守」というコンボ版もあったのですが、ご利益がハーフ&ハーフになることを恐れて別々にしてみました(笑)。
 
20150411-DSC03015
 
御所の周りには何故かキリスト教系の建物や大丸ヴィラといった洋館もあったりするので、歩いているだけでも景色を楽しむことが出来ました。これで桜が散っていなければまた楽しめたと思いますが、今回は既に葉桜になっていました。
 
20150411-DSC_0463
 
足腰の神様に参拝しにいくのに、地下鉄・丸太町駅の一番近い出口が階段しか無い(しかも結構長い階段)のは、少し気になってしまいましたが(笑)。
 
20150411-DSC_0465
 
これで明日からの仕事復帰でも体を壊さないように頑張って欲しいと思います。
 

 
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です