話題の水素水を手軽に手に入れる「NOMOU(ノ・モ・ウ)」を購入しました。

少し前の某DIMEでも記事として特集されていたことがあって、「水素水」というものに興味があったのですが、導入に関してやはりコストの面でちょっと躊躇してしまっていました。
その話題の「水素水」とは、こちらで。
 

水素水生成ボトル「NOMOU」誕生!|株式会社グッドジョブ
http://www.suiso-w.com/nomou

 
20160304-DSC_0001
 

 
専用の機器を導入したり、定期的にパックを購入し続けるのも面倒だと思っていたころ、インターネットでこのグッズを見つけたので買ってみました。
「NOMOU」です。ノモウと読みます。恐らくは「飲もう」から来たのだと思いますが(笑)。ですが、まだこのカナ名で検索すると、お酒がヒットします。
 
20160304-DSC_0002
 
価格のラベルは2500円と貼ってありますが、実際の購入価格はもっと安かったと思います。
本体のプラスティック製水筒と、専用のフィルターのセットです。
 
20160304-DSC_0004
 
上のスライド部分を開けると、ストローが飛び出してきます。水分がここに付いたままだと開ける時に撥ねるので注意が必要ですね。
 
20160304-DSC_0005
 
構造は至って他の水筒と変わりません。フィルターが付いている分、内部のストローが短いことぐらいでしょうか。
 
20160304-DSC_0003
 
ストラップがワンポイントのアクセントになっています。
 
20160304-DSC_0009
 
水を飲む際にこのフィルターを通ることによって、水に水素が含まれる仕組みになっているようです。
 
20160304-DSC_0006
 
初回にこちら側から水を通してあげる必要があるそうです(説明書より)。
 
20160304-DSC_0007
 
フィルター部分は約1ヶ月で交換する必要があります(公称値30日間)。フィルターの交換時期を目安でメモしておくと忘れずに済みそうです。
 
20160304-DSC_0008
 
高価な機械を導入しても続かないことの方が多いですし、実際に効果が出るまでの手間もかかります。このNOMOUはそういったことをまったく気にせずトライできるので、その点については、良いと思います。ただ、水筒としての機能は最低限ですので、その辺りの改良の余地はまだまだあると感じました。
 
実際のところ、私の手元には水素が混入しているかどうかを判別する為の手段はありません。こういう手合いの商品の場合は怪しいイメージがどうしても付いて歩くのが最近の世の常ですが、飲み出した初日から確かにトイレが近くなった印象がありますし、効果は少しでもあるのかなと期待して続けてみます。
 

 
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です