梅雨の時期用にカメラレインカバーを準備。

昨年はそれ程屋外の撮影に出かけることも少なかったので、あまり必要性を感じなかったのですが、甥っ子たちの野球を見に行く機会も増えてきたので、カメラ用のレインカバーを購入しました。

20170707-DSC_0126

確か昨年は、雑誌の付録でこの時期をしのいだ記憶があります(笑)。ただ、さすがに付録だけあって数回の使用でビニールの接合部分が破れてきてしまったので昨年のうちに処分していました。
今年はちゃんとした(?)商品としてAmazonから購入してみました。ただ、大手カメラメーカーのものではなく、海外製の安いものをチョイスしてみました。届いた商品は携帯用ポーチに入った状態で箱に入っていました。

20170707-DSC_0127

床に拡げてみました。ポーチの中に入っていたのはカバー本体と、恐らくは固定用のバンドです。

20170707-DSC_0128

底にあたる面にはジッパーがあって、ここを開いてカメラの上から被せます。

20170707-DSC_0129

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMを装着した状態のNikon D5300を中に入れてみました。これだと鏡筒部分がかなり余ってしまっていますが、さすがにAPS-C用のフードを装着したSIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMだと少しカバーが足りないくらいだと思います。

DSC_1381

ただ、雨に濡れた手をそのままカバー内に入れてカメラを触ると結局雨に濡れているのと同義になってしまうので、注意して使った方が良いですね。
撮影開始段階から本降りの雨の中をこのカバーを被せて撮影を乗り切るのは難しいとは思いますが、撮影途中での急な雨には活躍してくれそうです。

にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です