名前自体が所有する理由になる、Xperiaというブランド。11/12 Xperiaアンバサダーに参加しました。その2。

Xperiaアンバサダーの続きです。その1はこちらです。
Z5で進化を遂げた最たるものはやはりカメラですね。ここだけは一昔前のデジタルカメラの性能を追い越す機能を搭載して来ています。
下は貴重なカメラレンズユニット単体での展示です。前モデルのユニットとの比較が出来ました。
 
20151112-DSC_0485
 

 
やはりサイバーショットで長年培ってきたデジタルカメラの技術と、αシリーズで一気に上り詰めた技術を惜しみなくZ5シリーズに投入してきていました。
スマートフォンでの撮影需要が多くなってきている中でのこの技術投入は必然とも言うべき進化の1つですね。
 
20151112-DSC_0388
 
有効画素数が2300万画素という今までにない画素数をスマートフォンで実現しています。デジタルカメラ顔負けの画素数です。
 
20151112-DSC_0389
 
カメラの画質の綺麗さを創り上げるのは当然画素数の高いセンサーだけがあれば良いという訳ではありません。タッチ&トライで触ってみた感じでは体感的に今までのスマートフォンの中で最速のオートフォーカスでした。
 
20151112-DSC_0390
 
この速さを実現してくれるのは、Hybrid AFという機能です。2種類のAFを並行して使う事で、時間短縮を実現しているとのことでした。
 
20151112-DSC_0403
 
この時間短縮のおかげで、レンズを通してリアルタイムで画面を見ていても自然に、まるで目で追って瞬間的に焦点を合わせているかのようにフォーカスを合わせてくれます。
更に手ブレ補正もカメラ業界で培ってきた電子式手ブレ補正をあの小さなレンズユニットの中に搭載して、撮影者本人が動きながら撮ってもブレない写真が撮れます。
 
20151112-DSC_0395
 
それはこの新たに開発された振動抑制アクチュエーターが実現してくれているとのことでした。この辺りの話、私個人的にはどストライクな話題だったのですが、内容的にコアな機械の話だったので、意味が分からないというリアルタイムなコメントもあったりしました(笑)。
 
20151112-DSC_0402
 
また画像処理エンジン「BIONZ for mobile」では、本体デジタルズームで失われる解像感や、黒つぶれや白飛びといった失われる露出系の情報もHDR4.0で自然な写真に仕上げることが可能になりました。
ユーザーは何も考えずに今まで通り写真を撮るだけで、いくつもステップアップした写真を残すことが可能になっています。
 
このイベントの帰りに会場でもあったビルを撮影してみました。手持ち・歩きながら・荷物を肩から下げた状態という、夜景の撮影には最悪の環境でのシャッターでしたが、ここまで綺麗に撮れるのは驚きました。
 
DSC_0001
 
ちなみに同じショットをXperia Z4で撮影してみました。画角がZ5に比べると狭いのと、街灯等が白飛びしてしまっていたり、カラーバランスの取り方が違っています。Z5の方がより自然に感じました。
 
DSC_0199
 
また、SONYはカメラだけではありません。当然世界を牽引してきた「音」としてのSONYでもあります。Xperia Z5には音楽プレーヤーメーカーとしてのSONYの技術も詰め込まれていました。
 
20151112-DSC_0410
 
20151112-DSC_0458
 
最近では徐々にメジャーになりつつあるハイレゾにも当然対応し、さらにノイズキャンセルも搭載しています。
また、ノイズキャンセル用の集音マイク部分を利用して、立体的に音の位置までも感じる録音方式「バイノーラル録音」も可能になっているとの事。この録音方式で会議を録音すると、後日原稿に書き起こす際に便利そうですね。
 
20151112-DSC_0411
 
通常のCD音源やMP3音源も自動的に波形を解析し、補正・補完してハイレゾに近づける技術もZシリーズではお馴染の機能です。
 
20151112-DSC_0413
 
20151112-DSC_0416
 
ちょっと驚いたのは、他メーカーのヘッドフォンでも自動で認識し、最適な音質調整を行っているということでした。ここまでのデータ収集と解析にはかなりの時間を費やしたのだろうと予測できますね。
 
20151112-DSC_0417
 
他にも高音質データ転送規格 LDACに対応していたり、フロントステレオスピーカー搭載で、この一台で部屋の音場を創り上げることが可能になっていました。
もはやスマートフォンというカテゴリに入りきらないこのオーバースペックはこれだけではありませんでした。
 
まだ続きます。
 

 
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

名前自体が所有する理由になる、Xperiaというブランド。11/12 Xperiaアンバサダーに参加しました。その2。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です