全てを任せるARROWS NX F-02Gのカメラで、SNSへの書き込みをグレードアップ。

先日開催されたARROWS NX F-02G ブロガーキックオフ会議に参加してレビューしていて、本来はまだ端末のレビューの段階なのですが、先にカメラ機能を使う機会がありました。
昨日は、妻から仕事用のシャツを買っている店舗が閉店セールをやっていると聞きつけ、仕事終わりに滋賀県のイオンモール草津へ。カメラはARROWS XN F-02Gで色々撮影してみました。
 
ARROWS NX F-02G
 
平日の夜という事もあり、店内は比較的空いていました。同じくお腹も空いていたのでまずはフードコートで腹ごしらえを。
 
【富士通ARROWS】のモニターに参加中
 

 
FB_IMG_1417429594397
 
全てがオートのARROWS NX F-02Gのカメラですが、あまり全体の色に引っ張られることも無く、綺麗に撮れていると思います。撮影データは全てARROWS NX F-02Gで撮影したものをそのままFlickrにアップしています。
止まっている被写体はこれ以上無い位に綺麗に写りますね。スマートフォンのカメラだとは気付かない人もいるのでは無いでしょうか。
Wi-Fi + キャリア通信でSNSサービスへのアップロードもサクサクです。
下はイオンモール草津内フードコートで営業している、天下一品の店舗限定オリジナルメニュー・スタミナラーメンです(笑)。
 
ARROWS NX F-02G
 
しかし、顔認識機能はあるものの、動いている被写体は苦手のようです。
 
ARROWS NX F-02G
 
上の息子の写真、撮る瞬間まで顔認識していたのですが、いざ後から画像を確認すると、何故か後ろピンに。
この現象、結構多発しました。カメラ性能の詳細な情報は公開されていないようなのですが、撮影したどの画像のEXIF情報を見ても、
F値と焦点距離が同じ数値になっていることがわかりました。
 
ARROWS NX F-02G
 
この時に撮影した画像は全てF値は2.0、焦点距離は4.8mmで固定されています。焦点距離は問題無いと思うのですが、ボケや明るさを求めていない場所でも常にF2.0っていうのは少し気になります。
しかし、標準のカメラアプリではHDR撮影の切り替えや、フラッシュ位の設定項目しか無く、ISO感度やホワイトバランスを変更する項目もありません。
上の写真のEXIF情報を見てみると、ISO感度は多少上下しているようですね。夜の駐車場をガラス越しに撮影した画像では、ISO感度が834となっていました。
 
全てをオートで判断してくれるというスタンスのようですね。ちなみに一番最初のフードコードでの撮影時の詳細情報では、ISO感度は87、シャッタースピードは1/42になっていました。
 
20141203-DSC02861
 
元々らくらくホン・らくらくスマートフォンシリーズを展開しているメーカーさんなので、オートで固定する事が操作の簡略化やユーザーアシストに繋がるという解釈のようです。
これが通常のスマートフォンになった場合、どこまで対応してくれるのか気になるところです。正直に言うと、もう少し動く被写体がフレーム内にある時はシャッタースピードを早くしてISO感度を上げるとかの処理にして欲しいと感じました。シーンに対応したモード切替が無い分、もう少し頭が良くなると良いのですが。
それともこれも数多く撮影する事でパーソナライズしてくれるのでしょうか。
 
ただ、高速通信と高画質カメラの組み合わせは自分のSNSアカウントが一気に潤う感じしますね。書き込みの頻度も文章のレベルも上がったような印象を受けます(あくまで印象です)。
F値が2.0で固定なのは気になりますが、オートで明るく撮りたいのはほとんどの場合共通だと思います。
このカメラアプリ機能を次回は色々試してみます。
 

にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です