キッチンの水栓部分の傾きを修繕。

2年ちょっと前に引っ越してきた今の家は築7年経っていたこともあって、ところどころに経年劣化が出てきていました。
その中でキッチンの水栓が少し傾いていたことがずっと気になっていましたが、忙しさを理由にしてそのまま放置していたのですが…。
 
20160221-DSC_0041
 

 
パッと見はわからないのですが、根本の右側に隙間ができてしまっており、そこから水が入り込む可能性もあります。
恐らく傾いている角度は1桁台の角度なのですが、グラグラするので使うときには気を遣います。写真に撮ってみると、根本の右側に隙間が出来ていました。
 
20160221-DSC_0040
 
最近子供達も使うようになって、身長が低いことからの無理な角度で負荷がかかってきていたのか、徐々に傾きの角度がひどくなってきたので、修繕してみることにしました。
まずは、根本のネジを六角レンチで外します。六角レンチは普通のサイズ(?)で、4.0か5.0だったと思います。
 
20160221-DSC_0046
 
この取り外したネジは小さいので、無くさないようにしておかないと、せっかく傾きを直しても固定されないので、水漏れの原因になってしまいます。
この手の器具は、専門的な知識が無いと取り外したり、付け替えたりできないような外観になっていますが、ほとんどは上手く見えないように隠されているだけで構造さえ理解できれば簡単に直すことができます。
参考にさせてもらったのは、Amazonで同型機種の紹介がされていた中に掲載されていたこの画像です。
 
5ceaaf1d-d542-42f9-bb60-6badba4ed085._CB304870905_
 
確かに上の図を参考に裏側の中に潜り込んでみると、挟み込んでいる「ツメ」の部分が確認できました。かなり見にくいので、体ごと潜り込まないと肉眼では確認できません。
 
20160221-DSC_0045
 
この状態だと、上の蛇口ユニット部分は抜けるようになっているので、元栓を閉めた状態で上に引き抜いてあげます。
 
20160221-DSC_0047
 
傾いている側とは反対側のツメが緩んでいると傾いてしまいます。今回は向かって左側に傾いているので右側のネジを先程と同じ六角レンチで締めていきます。
 
20160221-DSC_0049
 
何度か本体を戻して傾きやぐらつきを確認しながら、最後に掃除をして、最初に外したネジで固定して完了です。掃除の時には水が入り込まないようにしておきます。この穴は下に直結しているので、水が入ると下まで落ちていってしまいます。
 
20160221-DSC_0054
 
最初写真に撮った時は、根本に傾いていることを示す隙間が出来てしまっていたのですが、締めたことで隙間が無くなり、傾きが無くなりました。
ぐらつきも無くなったので、使いやすくなりました。一時は水栓ユニット全部を交換するつもりだったのですが、これでまだまだ使えそうです。
 

 
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です