Photoshop CCで、なばなの里のイルミネーションをHDR加工してみました。

先日行ってきたなばなの里でイルミネーションを撮影したりしていましたが、いくつかの場所では「オートブラケット撮影」をNikon D5300で試してみました。「オートブラケット撮影」は、予め設定しておいた「ふり幅」を元に、元の設定/マイナス設定/プラス設定と、3枚を同時に撮影できる機能です。
最近のカメラでは、一回のシャッターでこれを行ってくれるカメラもありますが、Nikon D5300では連写する必要があります。
 
この撮影で出来た画像を元に、HDR画像に挑戦してみました。「HDR画像」とは、ハイダイナミックレンジ合成と呼ばれる撮影の設定で失われてしまった情報を、設定が違う同じ写真を元に復活させながらより幅広いダイナミックレンジを得る手法です。
 

 
作業はPhotoshop CCで行ってみました。Photoshop CCでは、ファイルメニューの「自動処理」の中に「HDR Proに統合」があるので、この機能を使います。
 
なばなの里 イルミネーション 2014/01/31
 
予め撮影しておいた、3種類の画像を読み込ませると、細かく数値を変更してHDR画像が作成できます。今回は、モード「露光量とガンマ」で色々といじってみました。
まずはカメラの設定通りに撮影された画像がこちらです。
 
なばなの里 イルミネーション 2014/01/31
 
上記の方法でHDR画像を色々試行錯誤しながら作ってみた画像が下の画像です。
 
なばなの里 イルミネーション 2014/01/31
 
昨日のブログ記事にアップしていた画像は、露出が+1の場合の画像でしたが、明らかに違うのがわかってもらえると思います。通常撮影では隠れてしまう枝や、イルミネーションが幻想的になりました。
下の画像も、ブログにアップしていたものです。
 
なばなの里 イルミネーション 2014/01/31
 
HDRにしてみると、かなり幻想的になりますね。側溝の青いイルミネーションがラインに見えて綺麗です。
 
なばなの里 イルミネーション 2014/01/31
 
写真として見ると、ダイナミックレンジの幅が広い分、やはり不自然な写真に見えてしまう場合もありますが、脳内美化された状態に近いと思うのは私だけでしょうか。
先日、東京出張に行っていた際に、いつも通りホテルからの夜景を、お酒に酔った状態で撮影したりもしていたのですが、
 
DSC_0121
 
同じようにHDRにしてみました。
 
DSC_0121_HDR
 
あまり面白がってやっていると、肝心の撮影の基礎がおろそかになりそうだったので、ほどほどにしないといけませんね。HDRを使ってみるにしても、使うタイミングが重要のようです。
後は、撮影する時点で「光を見極めて」撮ることで、イメージが固まっていた場合でしょうか。
 



FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です