販売予約・数量限定販売の物が忘れた頃に到着。FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」。

昨年の夏頃に予約注文していて、忘れた頃に届いていたのが、少しずつ購入している食玩でした。
 

FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」 | プレミアムバンダイ | バンダイ公式通販サイト
http://p-bandai.jp/candytoy/gundam/item-1000083480/

 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 

 
購入していたのは、GUNDAM Standart:シリーズです。ガンダムの食玩はそのほとんどが「可動」するものが多いですが(昔は可動しないものの方が多かった)、このシリーズは「立ち姿」に重点を置いたシリーズでコンプリートとまでは行かないですが、他のガンダムグッズよりも頻度が高く購入しています。
届いた段ボールから取り出すと、グレースケールで印刷されたシンプルな外箱が出てきました。
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
中には、各パーツが細かく入れられた2段式のケースに入れられたEx-S ガンダムが入っていました。Sガンダムは、「ガンダム・センチネル」に登場する主役MSで、パーツを換装する事で、色々な状況に対応できるようになっています。Ex-S ガンダムは強化装備形態になります。
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
取り出したのは、本体。
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
まずは、STANDart:らしく、立ち姿で組み立ててみました。台座が付いているのは、やはりこのボリューム感だと単体でのバランスが悪い為。
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
背面のバーニア部分のディティールもかなり細かく作り込まれています。中央のスタビライザーは可動します。
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
Ex-S ガンダムは「Gクルーザー」というZZガンダムで言うところの「Gフォートレス」と同じような大型戦闘機携帯にトランスフォーム出来るのですが、その為に装着されたパーツ類も良く作り込まれています。塗装の雑さは仕方ないところですが…。墨入れすれば多少はマシになるかもしれません。
肩パーツの複雑なパーツの組み合わせをうまく解釈していますね。
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
Ex-S ガンダムの胸部には、素体となっているSガンダムに装甲が追加されています。それも取り外し可能になっています。
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
膝のリフレクターインコムも開閉時を差し替えで再現可能です。
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
付属の台座は、先程の立ち姿用だけではなく、台座用パーツを全て組み合わせるとこんな感じになります。
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
それぞれ取り外し可能なパーツ類を取り付けていき…。
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
中央にSガンダムを設置すると、S ガンダム → Ex-S ガンダムの換装途中の浮遊状態を再現できるようになっています。
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
持っていたSTANDart:の別シリーズにガンダム・センチネルのMSがあったので、並べてみました。
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
FW GUNDAM STANDart:「Ex-S ガンダム」
 
STANDart:シリーズは元々「ディスプレイしておきたい」という私のニーズにピッタリハマるので、ちょっとずつ欲しいMSだけ揃えているのですが、今後も増えていきそうです(笑)。
 
今回のEx-S ガンダムは予約販売のみで店頭で販売されることもなく、また現時点での通常購入は不可能なので、Amazonでは既にプレミア価格になっているのが驚きでした。
 

 
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です