プロジェクターのある生活を身近にする、BenQのW1070+をお借りしました。

久しぶりにみんぽす様よりプロジェクターをお借りしていました。このブログに切り替えてから初ですね(笑)。
お借りしたのは、BenQのプロジェクター、「W1070+」です。
 

W1070+ – デジタルプロジェクタ – 製品情報 | BenQ Japan
http://www.benq.co.jp/product/projector/w1070%2B/

 
20141216-DSC_0389
 

 
紫と黒がコーポレートカラーなのか、前モデルからほとんど変わらない外箱は少し紛らわしいかもしれませんね(笑)。型番を見ると新機種だとわかるのですが。
 
20141216-DSC_0385
 
本体は前モデルからの引き継ぎで、白とシルバーがメインの配色で自宅環境で使っても違和感無い配色が良いですね。プロジェクターの多くはビジネス用途である場合が多いので、一昔前までは黒やグレー系の配色が多かったので、こういう明るいカラーが増えて価格的にも一般家庭向きが増えてきたのは嬉しいですね。
 
20141216-DSC_0386
 
レンズ正面から見た感じはこんな感じです。
 
20141216-DSC_0390
 
背面には接続端子部分が集中しています。
 
20141216-DSC_0393
 
裏面には、専用のブラケットで天井に取り付ける為のネジ穴はありますが、三脚等にセットできるような規格のネジ穴はありません。
 
20141216-DSC_0398
 
上面に配置されたボタン類は、必要最小限のカーソルキー等だけでまとめられています。ボタンも押しやすく傾斜が付いていますが、若干固いので押す際に本体が揺れ動く場合がありますので、もう片方の手でW1070+を固定してあげながら押した方が良いかもしれません(個体差かもしれませんが)。
ただ、普通に使う分にはほとんどボタンを押す機会はありませんでした。それぐらい簡単に使うことができます。
 
20141216-DSC_0396
 
投影サイズやフォーカス等の調整は本体上面から覗かせているレンズのリングを回すことで調整できますが、その横にスライドカバーで隠されているレンズチルト機能が秀逸でした。
本体を設置する高さが不足して投影場所に届かない場合、約三割程投影位置を上げる事ができます。
 
20141216-DSC_0394
 
20141216-DSC_0395
 
これ、ビジネス用途だとプロジェクターの置き場所は確定していることが多いですが、一般家庭ですとなかなかそうはいきませんし、十分な場所が確保できない場合がありますが、その置き場所の可能性をかなり拡げてくれますね。
30度分の角度を付けた斜めからの投影でも台形補正が可能でしたので、これと併用すると邪魔にならない場所からの投影も可能でした。
リモコンも白を基調とした配色です。
 
20141216-DSC_0399
 
今回は一緒にBenQの専用スクリーンもお借りする事ができました。荷物が届いた時は「こんな大きい荷物頼んだかな」と不安になりましたが(笑)。
お借りしたW1070+で投影してみようと用意した機材です。
 
20141216-DSC_0404
 
これ以外にもMHLに対応しているXperia Z2 Tabletなども使ってみようかなと思います。
 

17866-1375-295259
17866-1375-295259


 
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

プロジェクターのある生活を身近にする、BenQのW1070+をお借りしました。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です