Withings Activitè Steelを自分用に設定してみました。

先日当選したWithings Activitè Steelを自分用に設定してみました。本体には手動で操作できる部分が無い為、ほとんどの作業はスマートフォンにインストールしたアプリで行います。

DSC_0538

まずはスマートフォン側に専用のアプリをインストールします。アプリはすでにNokiaがリリースしていることになっているので、検索時には注意して探さないと見つからないかもしれません。「Nokia Health Mate」で検索すると見つかります。

DSC_0546

インストールしたアプリを起動し、まずは使用するデバイスをアプリに登録します。私の場合は「Activitè Steel」をデバイスの一覧から探してタップします。

DSC_0549

付属の工具で時計裏面の小さなボタンを押してリセット~アプリ側で検索します。

DSC_0550

基本的には視覚的にわかりやすいウィザードになっているので指示通りに進めていくだけで設定は完了します。

DSC_0551

DSC_0553

初回時には内部のアップデートが実行されました。

DSC_0556

アプリ側で一日の目標歩数や睡眠時間を設定したり、毎日のアラームを設定します。私は基本インドア派のデスクワークなのでそこまで歩き回ったりしないのですが8000歩を設定してみました(笑)。アラームは平日のみや曜日指定など細かい設定が可能になっていました。

Screenshot_20171216-161228 Screenshot_20171216-161248

一日目を計測してみたところ、歩数は少なめにカウントされているように思いますが、こんなものかも。睡眠については細かく計測してくれているようで、眠りの深さや一時的に起きている時間なども計測してくれていました。

Screenshot_20171218-110440 Screenshot_20171218-110517

私は普段はあまり腕時計を身に着けないタイプなのですが、身に着けていることを忘れてしまいそうなくらい軽いので気にならずに継続して使えます。

DSC_0557

この記事を書いている時点で身に着け始めてから2週間と少し経つのですが、ベルトもシリコン製で痛くなりにくいのと軽いことで仕事中もプライベートでもきっちり計測できます。ボタン電池(CR2025)1つで8か月動作するというのも個人的には良かった点の1つです。USB充電にもメリットはあると思うのですが、使ったことがある活動量計はやはり2~3日でバッテリーが切れたりしていたので個人的にはActivitè Steelの方が性に合っている感じです

2018-01-05_03-08-47

休日でも家事をたくさんした日は歩数が増えたり、目標達成が視覚的にわかるので面白いですね。日々の継続の原動力になります。心拍数はスマートフォンのカメラで計測するので少し正確性に欠けます。体重や血圧などは今の状態だと手入力で記録していくだけですが、対応している体重計などで連携していくことで日々の記録も自動化されるようになっています。さすがにそこまで健康オタクではないので揃える気はありませんが(笑)。

にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

One thought on “Withings Activitè Steelを自分用に設定してみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください