あまりにも寒いので購入。

少し前からかなり急に冷え込んできて、寒いです。子どもと外にいる時は一緒に動くこともなくじっとしている時もあって、その間は寒くて仕方がないので買ってみました。

20181229135908-DSC_6102

充電式カイロです。通常では約2,000円で販売されているようですが、購入したタイミングではタイムセールで半額以下で、しかもポイントを使って購入しました(笑)。大きさ的には手のひらに収まるギリギリのサイズですね。

20181229135922-DSC_6103

小さな湯たんぽのような形状をしていますが、側面には充電用のmicroUSB端子、給電用のUSB端子があります。モバイルバッテリーとしても動作するのですが、出力を確認したところ、安定して5.0V・1.3Aほどでした。バッテリーの容量は5000mAhのようですが、カイロ機能やLED機能と兼用なのでバッテリーとして使ってしまうと本来のカイロとしては使えなくなってしまいます。

20181229140049-DSC_6112

20181229140012-DSC_6106

天面にあるボタンで全ての機能を操作します。1回押すと側面のLEDが青く点灯し、バッテリーの残容量を表示します。

20181229140027-DSC_6107

2回連続で押すと、側面に1つだけあるLEDライトが点灯します。もう一度2回押すとLEDライトは消えます。

20181229140159-DSC_6117

ボタンを長押しすることで、側面のLEDが赤く点灯し、カイロ機能がONになります。約30秒~1分ほどで温かさを感じるほどになります。35~55℃での温度調節が可能です。55℃にすると熱くて持てなくなるので付属のポーチに入れて使います。このポーチ、大きさが微妙でヒモ部分が閉じ切らないのは何故でしょうかね。

20181229140138-DSC_6115

20181229135938-DSC_6104

20181229135955-DSC_6105

ボタンを3回連続で押すとマッサージ機能がONになります。…が、マッサージ器ほどの振動は無いのでこの機能は無かったものと思った方が良いかもしれません(笑)。

カイロとしての性能は必要十分でポケットの中でしっかり手を温めておくことが出来ました。ただ、バッテリー → 発熱 → 爆発という一定の流れでのニュースが後を絶たない中で、この「バッテリーで発熱する」という機構自体がイメージ的には怖いものではあります(笑)。まだ事故にはなっていませんが。

気になるところと言えば、天面のボタン保護が無いので、一度だけカバンの中でLEDライトがONになっていたことでした。ポーチ以外の保管方法を考えた方が良いかもしれません。

にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください