AnkerのPowerPort Speed 5でUSB充電を増設。

Ankerの製品はどれも安定して使えるので好んで購入しています。5ポートのUSB充電が可能なAnker PowerPort 5は2014年に購入したものがいまだ現役で愛用していたりします。USB給電の機器も増えてきたので新しいモデルを購入してみました。

20171025-DSC_0159

2016年末に発売されたAnker PowerPort Speed 5という製品になります。Ankerの製品はパッケージングも丁寧で好きですね(笑)。使い始める時のテンションが違います。

20171025-DSC_0160

本体と電源ケーブル、ケーブルタイが付属しています。

20171025-DSC_0161

本体の形状は角ばったデザインから丸みを帯びたデザインに変更されていますね。

20171025-DSC_0162

背面には電源ケーブル用のコネクタがあるのは、従来通りです。

20171025-DSC_0163

5ポートあるUSB端子のうち、上2つに関しては、Quick Charge 3.0対応のポートになっています。5つ全部のポートにはPowerIQと呼ばれるAnker独自の電力コントロール技術が搭載されています。

20171025-DSC_0164

持っている旧機種と比べてみました。サイズはかなり大きくなっていますが、元々あのサイズに5ポートも搭載していること自体が当時は驚きでもっと大きいことを想定していたので、数センチ程度大きくなっても利便性は損なわれませんね。

20171025-DSC_0165

20171025-DSC_0166

旧型は合計40Wまでの出力でしたが、今回購入したモデルはQuick Chargeをサポートしているので合計63Wに増えています。

20171025-DSC_0167

実際にどれくらいの給電がされているのか計測してみました。旧型ではどのポートもほぼ同じで約5V・約1.5Aの出力でした。

20171025-DSC_0172

20171025-DSC_0173

新しいモデルのQuick Charge 3.0対応のポートでは7V、他の3ポートでは旧型と同じ約5V・約1.2Aの出力でした。

20171025-DSC_0169

20171025-DSC_0171

20171025-DSC_0170

通電している際は青色のLEDが点灯するようになっているのも視認性がアップしていて良いですね。

20171025-DSC_0168

手持ちのXperia Z5も、ZenPad S 8.0もBluetoothイヤフォン関連も全部問題無く充電してくれました。旧型はWii Uなどのゲーム機のUSB電源供給に回して、こちらをメインで使っていきたいと思います。

にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください