手軽に展開できるスクリーンで、どこでも50インチの映像を。

プロジェクターはいつも自宅の白い壁に投影させているのですが、子供たちがいつも見たい場所はそことは限りません。手軽にどこでも投影できても良いかなと思って、スクリーンを購入してみました。

20171005-DSC_0031

購入したのは、AmazonでMirai-JP 50インチ(16:9) テーブルスクリーン 自立型タイプです。

20171005-DSC_0030

横から見ると、少し変わった形状をしていますが、スタンドがあるので、かなり安定して置いておけます。

20171005-DSC_0033

底面の中央に、折り畳み式のスタンドがあるので、回転させて後ろ方向に倒れないようにします。また、これをすることでスクリーンのロック解除になるようです。

20171005-DSC_0037

20171005-DSC_0041

ロックを解除すると、スクリーンを引き出すことが出来ます。

20171005-DSC_0042

一番上まで引き出すと、カチッとロックされて固定されます。スクリーンも変にたわむこともなく、重心が下にあるので倒れることなく安定して設置できます。ただ、前後の角度調整は出来ません。

20171005-DSC_0044

スクリーンのエリアいっぱいまで投影させると、約50インチのサイズになります。一般的な家庭のテレビの平均が40インチほどだと思うので(少なくとも私の周りでは)、50インチだと少し大きめに感じます。

20171005-DSC_0043

この時持っていたのは超短焦点プロジェクターのLG PH450UGでしたが、結果的に短焦点プロジェクターにはこのスクリーンは不向きであることがわかりました。

20171005-DSC_0045

短焦点プロジェクターの場合、その焦点距離を短くするためにレンズで光を屈折させて拡げるのですが、「投影距離が短い = 斜め上に光を照射」するので、スクリーン側のたわみが強調されてしまうのです。

20171005-DSC_0048

BenQ GS1などで前方向から投影してみると、ここまでの歪んだ映像では無くなっていたので、短焦点プロジェクターはフラットな壁にしか投影出来ないということがわかりました。少し残念です。ただ、先日行った社員旅行では深夜の部屋でゲーム用として大活躍してくれました(笑)。
通常投影タイプのプロジェクターも少し欲しくなってしまいましたね。

にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください