初代と四代目で変わった小さなこと。

お借りしていたSONY RX100IVを色々使ってはいたのですが、使い慣れた初代RX100とはすごく小さな箇所ですが、変更されていて違和感を感じるところがいくつかありました。
1つ目は、ツァイスロゴシール。このシール、初代RX100ではボディ表面に紙製のシールが貼られただけだったので、使っているうちに剥がれてきたという情報が散見されていましたし、実際私のRX100のシールも少し剥がれています。
 
20150829-DSC_0363
 

 
この場所、ちょうど両手で構えた際に左手がこの位置に触ってしまうので、このシールの評判だけは発売当時からあまり良くなかった印象があります。
 
今回四代目のRX100IVではシールの形にモールドが掘られ、その中にシールが貼られていますので、若干見栄えが良くなりました。ただ、落としやすい形状なのは変わりませんが。
後は、microUSB端子の向きが裏表反対になった事。これ、普段意識せずにPCと接続させているので、結構間違えたりしました。
 
20150829-DSC_0365
 
デザイン優先の結果なのか、RX100シリーズはお世辞にも持ちやすいとは言えない形状なので、せめてオプションのアタッチメントグリップを標準で付けてほしいとは思いました。初代RX100もこれを付けることでかなりのホールド感アップがありましたし。
普段構えていると、MOVIEボタン横のグリップパーツだけではかなりグラグラと安定しません。コンパクトデジタルカメラの領域をあくまで守るのなら、「手軽に撮れる」ための工夫が必要かもしれませんね。
 

17892-1375-296090
17892-1375-296090

 

 
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です