全てを一新して多機能であっても手抜き無し。Galaxyアンバサダープログラム 新製品T&Tイベント その2。

前回のGalaxyアンバサダープログラム 新製品T&Tイベントの続きです。前回の記事はこちらです。登壇された糸桜氏が提示した数字のキーワードはまだまだ残っていました。提示された数字のキーワードはこちらです。
 

「84.7」・「2」・「6013」・「6.5」・「4.2」・「20」・「1.9」
「0.7」・「3」・「90と180」・「50」・「14」・「3」・「225」

 
記事は「20」からになりますね。「20」は「20%」、液晶画面の性能アップの数字です。Galaxyシリーズは初代からずっと有機ELを液晶に採用し続けて、その有機ELも進化し続けている訳ですが、今回のS6に搭載されている有機ELは前代のS5よりさらに「20%」輝度がアップしました。
また、30%の省電力を実現したそうです。スマートフォンのバッテリー消費の大部分は液晶画面の電力ですし、これは使用時間のアップが期待できそうです。
 
20150413-DSC_0495
 

 
また、私が今サブで使っているARROWS NX F-02GのカメラレンズはF2.0で固定でしたが、今回のS6シリーズではF値が「1.9」とさらに明るいレンズになっています。
 
20150413-DSC_0499
 
F値は単純に数字が小さい程レンズに光を多く取り込むので、写真は単純に明るくなります。当然他の機能との兼ね合いもありますが、F値が小さいとその分焦点の合焦位置とその奥行でボケが出たりしますし、カメラを趣味にしている人ならF値の変更だけで「明るく」撮ろうとは思いません。
しかし、スマートフォンで簡単に明るい写真を撮るには有効な手段だと思います。ちなみにフロント・リアの両方のF値が1.9です。
 
20150413-DSC_0503
 
また、カメラアプリの起動も、ホーム画面でボタンを2回押すことでクイック起動が可能、しかもアプリ起動で撮影可能状態まで「0.7」秒と非常に高速です。
 
20150413-DSC_0519
 
また、S6シリーズはカメラに他には無い機能を盛り込んできました。
機能としては、HDR撮影機能なので最近のスマートフォンにはよく搭載されている機能ですが、通常、HDR画像を作成するには、設定を変えた画像複数枚を合成して白飛びや黒つぶれなく自然な画像を作成しますが、この場合必ず処理は「シャッターを切った後」に行われることになります。
結果として、リアルタイムで液晶に写っているのは未処理の映像になるのですが、S6シリーズではこれをリアルタイムで常に合成処理をしながら画面でHDR画像を確認できるようになりました。
 
20150413-DSC_0500
 
個人的にはすごい機能だと思います。使ってみたのですが、常に合成し続けているとは到底思えないスムーズなプレビュー表示でした。プレビュー画面の横のHDRアイコンをタップする事でON/AUTO/OFFと切り替える事ができるのですが、切り替えると確かにプレビュー表示の画像が変わるので、合成していた事がわかります。
 
20150413-DSC_0524
 
20150413-DSC_0525
 
また、サムスンお膝元の韓国や、アジア圏では自撮り = セルフィーが一般的になっているとの事で、このセルフィーに特化した機能も盛り込まれています。「3」つの撮影方法がS6には搭載されているのですが、その内の1つになります。
 
20150413-DSC_0504
 
レンズに向かってかざした手のひらを認識し、認識して2秒後にシャッターが切られるというものです。
 
20150413-DSC_0506
 
試してみたのですが、これ、認識率が非常に高く実用的だと思いました。
 
20150413-DSC_0548
 
認識までの時間が非常に短くて、表示された数字を見逃すと逆に間に合わないくらいでした。この秒数も変更できるようになれば良いのですが。子供に「手を振って~」とお願いして自分でシャッターを切らせるのも面白そうです。
他にも指紋認証デバイスでシャッターが切れたりと、セルフィーに対しての力の入れ様が違います。
 
20150413-DSC_0533
 
また、今までのスマートフォンの進化ではバッテリーはただ大容量化していくだけでしたが、ここにきてGalaxyも急速充電に対応してきました。最速でバッテリーがほぼ無い状態から満充電まで約「90」分と非常に高速です。ワイヤレス充電規格「Qi」にも対応しています。
 
20150413-DSC_0508
 
個人的には認識率があまり良くなかった事もあって「Qi」はあまり期待していないのですが(笑)。S6には充電器は付属しない(先着でプレゼントもあるみたいですが)ようなので。Qiでの充電の場合は、約「180」分での充電時間になっています。今までは300分以上が当たり前だったので、かなり短くなりました。
この「Qi」に関する取組みは、大手コーヒーショップや家具メーカーと取り組んでいて、今後拡大していく予定とのこと。
また、今回のモデルはマルチメディア系、それも音にこだわって作ったとの事。
 
20150413-DSC_0509
 
確かにYoutube等を再生させてみても、音が割れる事なくクリアでしたし、小さなスピーカーにありがちな「軽い」「薄い」という音の印象は受けませんでした。
 
20150413-DSC_0522
 
それもこの「Sound Alive+」という機能が働いているせいとのこと。
 
20150413-DSC_0510
 
この「Sound Alive+」はシーンに合わせたイコライザ処理をするようで、映画一本の中でもその劇中のシーンを検知して変更する用です。
また、この機能はソフトウェアレベルで実現している機能ではなく、OSのミドルウェアレベルで実現しているので原則的にAndroid OSのどの動作でもこの「Sound Alive+」が適用できるらしいです。
 
このカメラのリアルタイム合成や、ミドルウェアでのサウンドエフェクトを実現しているのは新たに開発されたオクタコアCPUがキーとなっています。
 
20150413-DSC_0512
 
CPU自体をさらに小さくし省電力化につなげ、さらに性能も「50」%もアップしています。「14」ナノメートルという小さいCPUは初だそうです。しかし、残念ながら今までのGalaxyにあって、S6でオミットされてしまったものもあります。
背面パネルの取り外しが不可になったことや、microSDカードスロットの廃止等がそうですね。しかし、これに関してもちゃんと調査の結果オミットしたとの事。私のようなブロガーだとmicroSDカードは何枚も買い足して使っていたりするので、この部分は正直ちょっと驚きました。普通のユーザーはmicroSDが付属品として入っていたら、ほとんどの場合、次の機種変更までそれを使い続けるのだそうです。私からしたら信じられない状態です(笑)。
 
20150413-DSC_0513
 
「3」GBのRAMを搭載しているので、アプリの挙動はもちろんファイルの操作やデータの移動なども従来よりも速度がアップしています。
 
20150413-DSC_0559
 
実際にこの後タッチ&トライの時間を設けていただいていたので触らせていただきましたが、画面の遷移だけでも動作がよりスムーズになっているように感じました。各機能が程よく昇華されて、引き締まった印象です。
まだもう少し続きます(笑)。
 

 
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です