何は無くとも三脚に。Manfrotto GoPro カメラ用三脚アダプター。

GoPro Hero7 Black ダスクホワイト(長いしわかりづらい)を使い始めましたが、所有している機材は通常のカメラ用のものがほとんどなので流用できるようにアダプターをまずは購入しました。購入したのはまだ寒かった頃なので、撮っておいた写真が今見ると暑苦しいです(笑)。

IMG00191

最初に購入するアクセサリーは色々と迷ったのですが、取り急ぎ購入したのは三脚やその他アクセサリーで愛用しているメーカー・ManfrottoのGoPro カメラ用三脚アダプターです。
かなり安価なのでプラスティック製で軽いです。通常の1/4インチネジの三脚等に対応します。

IMG00192

こちらも愛用しているManfrottoのPIXI EVOに取り付けてみました。PIXI EVOは一眼レフの重量にも耐えられる構造と大きさなのでGoProには少し不釣り合いな大きさですね(笑)。1サイズ下の PIXIならちょうどよさそうです。確かどこかに片づけてあったと思うのでそちらをGoProメインにしようかなと思います。

IMG00199_HDR

下のような感じで三脚に取り付けることが出来ます。

IMG00278_HDR

少し不格好で浮いてしまう感じになるのはマウントの形状的に仕方がないところではありますが、それでも既存の機材を流用できるだけコストがかからないので助かります(笑)。


IMG00279_HDR

他にも1/4インチネジで取り付けられるようになっているとPeak Designのデュアルプレートも使えたりするので下のような組み合わせも出来るようになります。専用のマウントを使えばもっと簡単に実現できるとは思いますが、手持ちの機材で実現できるようになるところがポイント高いです。

20190321190216-IMG00285

この状態でTime Warpビデオを撮影してみました。純正のマウントでは無いですが、GoPro Hero7 BlackのHyperSmoothでかなり安定して撮影できています。ちなみに歩いている時に意識はしていません(笑)。意識すると揺れないように歩いてみたり、気を遣ってしまいそうになるので。

もっと意識して撮影したり、編集すれば面白い動画を作れそうですね。

他メーカーの製品だと、アルミ製などの頑丈なものもあるようですが、このマンフロット製はプラスティック製です。その分軽いですが、しっかりとネジを締めて固定したい場合などは耐久性に不安が残ります。

元々一眼レフやコンパクトデジタルカメラを持っていて三脚や他アクセサリーを使っていた場合、そのほとんどが1/4インチネジを使っていますし、これを活用できるのはやはり便利ですね。GoPro専用のアクセサリーも当然魅力があるのですが、元から持っているものを使えるようになるのは、金銭的にも助かります(笑)。

rentry

にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です