今頃になってWii Uの周辺機器で整理を。

子どもたちも大きくなってきたので、ずっとしまい込んでいたWii Uをそろそろ出しても良いかなと思い取り出してみましたが、色々と放置していたせいか使えなくなっているものがあったので、今更ながら周辺機器を追加購入してみました。

20171022-DSC_0016

Wii時代から使っているリモコンは本体購入時から無接点充電に交換していたのですが、放置しすぎてバッテリー部分が寿命になっていたのと、Wii Uのパッドの充電器などが場所を取るので、3つまとめて充電できるものを購入してみました。
海外製のものだからか、かなり作りが雑です(笑)。こういった製品は純正ではまずありえないので仕方が無いですね。

20171022-DSC_0018

Wiiリモコンのバッテリー部分はカバーごと交換して充電対応にします。Syncボタンも装着したまま押せるようになっています。

20171022-DSC_0017

Wiiリモコンはジャケットを装着していると使えません。またストラップも付けているとあまり安定しないようなので外しました。
もうWiiが発売した頃から使っていた無接点充電タイプのバッテリーと比べてみたところ、旧バッテリーは700mAh、新しいものは2800mAhとなっていました。バッテリーサイズは変わらないのですが容量は数字だけだと4倍です。技術の進歩はすごいですね(笑)。

20171022-DSC_0022

バッテリーを交換してみました。純正のバッテリーカバーは使わなくなるので保管しておきます。ただ、一度装着するとツメの形状からか、かなり外れにくくなってしまいました。外すことはほとんどないと思うので気にしませんが。

20171022-DSC_0020

中央のLEDがパッド、左右のLEDがWiiリモコンの充電ステータスになっています。充電中は赤く、完了すると青色になります。

20171022-DSC_0031

3台とも充電してみたところです。今までは別々に充電スペースが必要でしたが、1つにまとめられたのでスッキリしました。

20171022-DSC_0030

また、私が購入しておこうと判断したのは、コンセント → USBに充電経路を変更できることでした。

20171022-DSC_0019

充電ドック側のコネクタは一般的なものではなく、Wii Uの専用コネクタの形状ですが、充電がWii U本体背面のUSB端子やUSB接続のACアダプタで充電できるようになるのはTV周辺にゲーム機やAV機器をたくさん接続するユーザーにとっては非常にありがたいですね。

これで子どもたちと遊べる環境が整いました。まだSwitchは買わなくても良いかな。

にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です