【5/24】 東映太秦映画村に行ってきました。Galaxy S6 Edgeでの手軽で高画質なカメラを体感。Galaxyアンバサダープログラム。

確かこの日は梅雨前にも関わらず、かなりの暑さで一瞬夏休みに来たのかと錯覚するほどでした。地元の私たちはあまり行かないのですが、娘が好きなプリキュアショー、小学一年生の甥っ子が好きなニンニンジャーショーを観に東映太秦映画村に行ってきました。
 
私は子供の頃に一度来た記憶があったのですが、2011年にリニューアルしてかなり近代的な建物に変わっていますね。時代劇とは程遠い感じです。
 
20150524_111520
 

 
20150524_111621
 
今回はいつも通りNikon D5300をぶら下げていましたが、半分くらいはお借りしていたGalaxy S6 Edgeをメインで使いながら撮影してみました。
 
20150524_112054
 
私の記憶では、子供が楽しめるようなものは少なめで時代劇の設備がメインの記憶でしたが、子供達が実際の撮影技術で楽しめるものもありました。
 
20150524-DSC_0039
 
20150524_112313
 
20150524-DSC_0042
 
20150524-DSC_0033
 
建物を抜けると、そこは江戸時代と明治時代が交差したような独特の雰囲気とテーマパーク感はそのままでした。
 
20150524_112846
 
20150524_142212
 
20150524_113246
 
この日はイベントもあったようで、たくさんのコスプレーヤーがいたるところで撮影場所として活用しているのが目立っていました。さすがに時代背景もあってか、コスプレの題材は2つか3つに絞られてくるので、同じコスプレをした方が多数おられましたが。
 
20150524-DSC_0107
 
今回の目的は2つのショーを子供たちに見せたいという内容だったので、江戸時代の町並みを通り抜けて、東映アニメミュージアムへ移動しました。
 
20150524_114103
 
私の世代には懐かしいグレンダイザーが迎えてくれて、建物内には両マジンガーが部屋いっぱいに仁王立ちしている部屋内で、東映のアニメの歴史が所狭しと飾られていました。そう言えば、「東映まんがまつり」と言えば、私の世代の夏休みの風物詩みたいなものでした。
 
20150524-DSC_0078
 
20150524-DSC_0080
 
当然、今放映中のプリキュアも等身大(と言って良いのかわからないくらいの大きさでしたが…)で飾られていました。
 
20150524_115144
 
20150524_115139
 
その横で、今ではもうこの手法で作っているアニメも少なくなっているセル画のトレース体験が出来るようになっていました。現在はCGでの作成が多くなってきているようですね。
 
20150524_114602
 
20150524_114548
 
20150524_115012
 
そうこうしているうちにショーの開演時間になったので、中央広場に移動しました。
 
20150524_120422
 
Galaxu S6 Edgeのカメラでピンチインで行うデジタルズームは便利ですが、やはりどうしても画像が粗くなってしまうので気になりますね。
 
20150524_120436
 
結果的に席の後ろから撮るのは、Nikon D5300で撮ってしまいました。さすがにGalaxy S6 Edgeでは250mmまでのズームはできませんので。
 
20150524-DSC_0110
 
20150524-DSC_0115
 
登場したのは、3人の主役の一人だけでしたが、娘は楽しんでくれたようでした。
 
20150524-DSC_0119
 
握手会も終えた後は入口の建物「パディオス」まで戻って、ニンニンジャーのショーに。
 
20150524_133201
 
20150524_145250
 
これが「所詮は子供向けのショーなんだし…」と思っていた私の予想を大きく良い意味で裏切ってくれる内容でした。
 
20150524_130346
 
ステージ上だけでは無く、2階からのジャンプや、スモークでの演出、客席参加型のストーリー構成等、見どころ満載でした。
 
20150524-DSC_0192
 
テレビとほぼ同じの激しいアクションや、
 
20150524-DSC_0176
 
20150524-DSC_0379
 
スモークでの忍術演出、
 
20150524-DSC_0152
 
2階からのダイブや、
 
20150524-DSC_0360
 
20150524-DSC_0169
 
ロープでのターザンなど、
 
20150524-DSC_0335
 
ホール内を全て使っての演出は子供達だけでなく、大人も楽しんで観れました。
 
20150524-DSC_0200
 
最終はエンディングテーマをみんなで踊ってショーは終了しました。子供達が一緒になって踊っているのを見て、改めてヒーローの影響力を感じることができました。
 
20150524-DSC_0389
 
20150524-DSC_0392
 
この日の写真はこちらにまとめています。
 

2015/5/24 東映太秦映画村 | Flickr – Photo Sharing!
https://www.flickr.com/photos/shinjiman0101/sets/72157652410747693

 
ヒーローショーと聞くと、どうしても演出に限界があるので、子供達が観ているテレビの印象とはどうしてもかけ離れたものになってしまうように感じますが、映画村の場合はうまくテレビの中の映像を脳内変換して観れるような作り込みがされているなぁと感じました。
衣装や演出等もさすが本家東映のショーと言うこともあって、かなりリアルでチープ感もありませんでした。
 
いつもはNikon D5300のみで撮影するところを、今回はGalaxy S6 Edgeもカメラとしてメインで使ってみたりしました。
スマートフォンのカメラは新しい機種が発表される度に高画質・高機能になっていますが、Galaxy S6 Edgeのカメラ機能は手軽さと高画質が上手くバランスが取れているように感じました。
 
20150524_123019
 
セルフ撮影機能を使って、子供達が手を振っている所を自動で撮らせたり、構えてからシャッターを切るまでのフォーカス合わせも速くて気軽に撮ってしまうので、データ容量が心配になりそうです。
ただ、横持ちで構えた時にエッジスクリーン部分が気になって持ち方がおかしくなったりしてしまいますが(笑)。
横持ちの場合、エッジスクリーンがあるために指が接する面積がどうしても少なくなってしまうので、安定しないからかもしれません。
 
また、リアルタイムでHDR合成していることで液晶で確認した画像をそのまま保存できたり、自身の眼で見ている景色に近い状態で簡単に撮影できるのは、機能的には小さなことのように感じますが影響は大きいです。
 
この日は、さすがに遊び過ぎたのか、家に帰る途中でスタミナ切れ、自宅に着いてもこの通りでした(笑)。
 
20150524-DSC_0411
 
自分へのお土産には、「ヒーロー焼き」なるものが売っていたので、それにしました。
 
20150603-DSC_0604
 
20150603-DSC_0605
 
20150603-DSC_0606
 
限定品ということで飛ぶように売れていたので最後の1個をゲットししました。中身は懐かしい感じの饅頭でした。
 

 
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください