RICOH THETA S用のキャリングケース Sサイズ。

RICOH THETA Sは愛用しているカメラのうちの1台で、家族で出かける時は持ち出すようにしています。行く場所によっては面白い写真が撮れるかもしれないので。
ケースは純正のものを使用していたのですが、最近付属品が多くなってきたので別のものを購入してみました。

20160930-DSC_0449

届いた時の梱包はかなり雑で、ロゴがプリントされたジップロックに入っていただけです。

20160930-DSC_0448

ジッパーを開けてみると、両側に収納できるスペースが設けられています。片方はTHETA S本体や付属品、もう片方はケーブル等を収納できるようになっています。ジッパーを完全に開ききらないと中身を取り出せないのは少し使い勝手が良くない感じですが、形状的に仕方ないのかもしれません。

20160930-DSC_0450

本体収納側は、くり抜かれたクッション性のあるウレタンが入っていますので、THETA Sがピッタリ固定されるようになっています。

20160930-DSC_0451

20160930-DSC_0453

私は空いたスペースにケーブルレリーズ用の CA-3を入れて、ポケットの方には通信用のmicroUSBケーブルと、三脚用のエクステンションアダプター TE-1を入れておきました。

20160930-DSC_0455

純正のケースも捨てがたいのですが、最近は付属品が多くなってきたので、少し大きめでもキャリングケースを使った方が便利だったりします。指を入れるスペースもあったりするので、取り出しはしやすいですね。
純正のケースは持ち運ぶ際に全体を保護してくれませんし、この点はキャリングケースの方が安心です。

20160930-DSC_0452

今回購入したキャリングケースはサイズが2タイプあって、Sサイズを購入しました。Mサイズだと本体以外に入るスペースが広くなり、2つになっていたりするので、さらにコンパクト三脚なども一緒に持ち歩く人にはMサイズの方が良いかもしれません。サイズとしては21 x 15.5 x 6.5 cmとなっています。800円という価格ですし、1つは持っておいても良いかもしれませんね。

にほんブログ村 携帯ブログ Androidへにほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です