小さなブツ撮りには最適で一番安価なUTEBITの簡易撮影ブース。

自宅でのブツ撮り用には、以前購入したフォトラという撮影用ライティングセットを愛用中ですが、簡易的な撮影ブースを購入してみました。 (さらに…)
More

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMをカメラ素人の私がぶっつけ本番で使ってみました。

昨年購入した、SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMは、試し撮りや機能の確認をせずにぶっつけ本番で高校野球の撮影に挑むことになりました。 (さらに…)
More

500mmというレンズで脳内補完の情報を画像に残す。SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM。

今でも、Nikon D5300に装着されているレンズは、SIGMA 18-250mmのままです。普段使いでこのレンズが一番汎用的に使えるので、基本スタイルはこのレンズのまま外出することが多いです。 ですが、どうしてもその画角が欲しかったので、昨年買ってしまいました。 (さらに…)
More

RICOH THETA S用のキャリングケース Sサイズ。

RICOH THETA Sは愛用しているカメラのうちの1台で、家族で出かける時は持ち出すようにしています。行く場所によっては面白い写真が撮れるかもしれないので。 ケースは純正のものを使用していたのですが、最近付属品が多くなってきたので別のものを購入してみました。 (さらに…)
More

性能を凝縮したミラーレス EOS M5のタッチ&トライイベントに参加してきました。その2。

9月15日に発表された、キヤノンのミラーレスカメラ、EOS M5のブロガーイベントの続きです。今までのミラーレスには無かった要素を取り入れた、ハイブリッドなカメラに仕上がっています。 (さらに…)
More

性能を凝縮したミラーレス EOS M5のタッチ&トライイベントに参加してきました。その1。

かなり久しぶりのブロガーイベントに参加させていただきました。個人的にはミラーレスカメラは気にはなるものの、なかなか手が出せずにいたのですが、そのミラーレスカメラの中でもキヤノンのEOS Mシリーズの最新モデル、EOS M5を発売前に触らせていただくことが出来ました。 (さらに…)
More

気軽に色々な撮影をしたくて安価なタイマー付ケーブルレリーズをD5300用に購入しました。

Nikon D5300はWi-Fiがカメラに搭載され始めた初期のモデルで、スマートフォンからも撮影・確認ができるモデルですが、そこまで多彩なリモートでの撮影ができるわけではありません。 (さらに…)
More

ケーブルを三脚使用時にも接続できるようにするRICOH THETA S専用のエクステンションアダプター TE-1。

先日、RICOH THETA Sでもケーブルシャッターが対応したとのことで、ファームウェアをアップデート後、試していましたが、このエクステンションアダプターを使わないと三脚での使用ができませんので、購入しました。 (さらに…)
More

色々と便利な自立する一脚、マンフロット 560B-1を使ってみました。

一脚は先日譲っていただいたベルボン製やマンフロットのコンパクトなタイプを所有していますが、最近子供の学校イベントでも三脚禁止の場合が多いので一脚を使うシーンは増えてきています。 (さらに…)
More